三々九度の盃を受ける白無垢の花嫁

神前結婚は神道に基づいた挙式のスタイルで、通常は神社で行います。通常、白無垢姿の花嫁と紋付袴の花婿が神道の儀式により婚礼をおこないます。参列者の新郎新婦のお母様は留袖、未婚の参列者(女性)は振袖、既婚者は訪問着をお召しになることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です