自宅婚

自宅婚と強調しましたが、日本の結婚式いわゆる祝言ですが、もともとは自宅で行われていました。今のような、式場形式になったのはそんなに古い話ではないようです。元々は自宅でお支度をして神社仏閣または、ご先祖の仏壇に報告を済ませた後に、自宅に戻り襖などの仕切りを取り外して宴会を行なっていたようです。

自宅婚 引き振袖姿の花嫁

人前式

レストランでの人前結婚式

人前結婚式とは、宗教や儀式にこだわらず、自分たちの好きな形で家族、親せき、友達などに結婚の報告とともにその承認になってもらうというスタイルです。自宅、レストラン、宴会場、ガーデニングパーティー等々自由です。古来(そんなに昔のことではありません)日本も自宅などで祝言をあげるという形でした。

神前結婚式

三々九度の盃を受ける白無垢の花嫁

神前結婚は神道に基づいた挙式のスタイルで、通常は神社で行います。通常、白無垢姿の花嫁と紋付袴の花婿が神道の儀式により婚礼をおこないます。参列者の新郎新婦のお母様は留袖、未婚の参列者(女性)は振袖、既婚者は訪問着をお召しになることが多いです。